メッセージへのお返事:WordPressで更新履歴をトップに表示したい

画像がありません

ガタガタです。

マシュマロでいただいたメッセージへのお返事です。

マシュマロから頂いたメッセージです

当方、現在WordPressでのサイト構築をしているのですが、更新履歴を表示しようと考えています。プラグインなども検討していますが、正直、デザイン性にもあまりピンと来るものがなく……。
そこで、WordPressのTOPページで更新履歴をガタガタさんはどのように表示していらっしゃるのでしょうか。もし知識などございましたらご教授いただければと思います。何卒宜しくお願いします。

当サイトのテンプレートをご利用くださりありがとうございます!

「do」のトップページの更新履歴については、テーマ「Cocoon」に標準装備されている「ショートコード」を利用しています。

↑Cocoonの公式サイトがこちら。

↑公式じゃないですが、ショートコードの使い方についての記事です

ショートコードとは、WordPressの追加機能で、記事作成時に半角カッコ [] で囲って指定の文字列を打ち込むことで、定型文として登録されたテキストが呼び出されるというものです。単純な定型文だけでなく、phpを使って書いたプログラムなども記事中で呼び出すことができるので、非常に便利な機能です

Cocoonにはショートコードを使って「指定したカテゴリーの新着記事一覧」などを呼び出す機能が標準装備されているのですが、当サイトでは、「カスタム投稿タイプ:お知らせ」で作成した更新履歴などのお知らせを、Cocoonのショートコードを使ってトップページに表示しています。

しかしながら、こんな便利な機能が標準で装備されているテーマはかなり珍しいです。。私はCocoon以外でショートコード標準装備のテーマを見たことがないです。

ただ、同じような機能をWordPressのプラグインを使って追加することはできます。創作・同人サイトをWordPressで作るとき便利なプラグインまとめの記事でも紹介しましたが、「WP show posts」というプラグインを使うと、ショートコードで新着記事一覧を呼び出せるようになります。

例えば、「投稿」に「更新履歴」カテゴリーを作り、「新着の更新履歴」をショートコードで呼び出せるようにすればいいのではないかなと思います。

上記のプラグインは、呼び出したリストの記事サムネイル画像の有無や、本文抜粋の有無、日付の記載の有無なども細かく設定できるため、かなり自由度が高くイイ感じです。ただ、いわゆるブログカード形式で呼び出すことを想定して作られているため、項目同士の余白が少々大きかったりして、完全に好みの見た目にするにはCSSを書き足す必要が出てきそうです。

ちなみに、Cocoonのショートコードを使う場合も、デフォルトでは記事を作成した日付が表示されない・サムネイル画像を非表示にすることができないので結局phpコードを少しいじったり、CSSを書き加えたりして対応しました。。このように既存のショートコード作成ツールを使う場合も、見た目がブログライクに作られている場合が多いのでどうしても自前で対応しなければいけない部分が出てきちゃいますね。

もし、phpをいじる勇気があるなら、自分でfunction.phpを編集して好みのリストを呼び出せるようにするのも一つの手段です。ただ、function.phpを編集する場合はミスした時が大変なので、変更を加える前にバックアップをきちんと取りましょう!!

↑上記の方法だと、単純にコードをコピペするだけでもいい感じのリストが作れそうです。

現在、創作サイト向けのWordPressテーマを開発中です

手前味噌で恐縮なのですが、現在私が制作しているWordPressテーマでは、「更新履歴」とか「最新の小説一覧」「最新のイラスト一覧」など、創作系サイトに欠かせない動的リストをショートコードで記事内に呼び出す機能を標準装備する方向で調整しています

テーマの配布開始は4月中をめどにしています。もし、どうしてもいい方法が見つからない場合は、こちらのテーマの利用も視野に入れていただければ幸いです。

タイトルとURLをコピーしました