ずぼログ Q&A

よく寄せられるご質問に対する回答集です。

ページネーションをログの上部に持ってくる場合は、ずぼログ出力部分のコードを、以下のようにしてください。

<?php
// 初期設定はじめ※※-----------------------------------------------
~ここに初期設定~
// 初期設定おわり---------------------------------------------------

// ずぼログ ページネーションを出力する関数です。
// ページネーションが不要の場合は削除してください。
echo $zubologApp->createZubologPagenation($zubolog_dir, $zubolog_perpage, $zubolog_sort, dirname(__FILE__));
?>

<!-- ずぼログ 一覧出力 ここから -->
<ul class="zubolog zubolog_2 zubolog_md-3">

<?php
// ログを出力する関数です。
// ログの出力形式(HTML)を変更したい場合は、templateフォルダ内のPHPファイルを編集してください。
echo $zubologApp->createZubolog($zubolog_dir, $zubolog_perpage, $zubolog_sort, dirname(__FILE__), $zubolog_temp);
?>

</ul>
<!-- ずぼログ 一覧出力 ここまで -->

PHP記述の開始および終了を示す <?php ~ ?> の記述や、<ul>タグの位置が入れ替わっていますので、ご注意ください。初期設定をした後、最初にページネーションを出力する関数を記述してから、ログを出力する関数を<ul>で囲みます。

ずぼログ本体に当該機能を実装する予定はありませんが、ページの作り方を工夫することで実現できます。

用意するページ

  • 複数のずぼログを設置する「一覧ページ
  • それぞれのずぼログの「個別ページ

設置方法

一覧ページには、ずぼログを使って作品ログの一部を出力します。ページネーションを出力する関数は削除し、代わりに「すべてのログを見る」リンクを設置し、それぞれの個別ページにリンクします。

個別ページには、通常のずぼログと同じように、それぞれの一覧のログとページネーションを出力します。

このようにすると、同一ページにずぼログを複数設置しつつ、ページネーションが個別に働いているように見せることができます。

ずぼログ出力部分は、初期設定を省略して次のように記述することができます。

<!-- ずぼログ 一覧出力 ここから -->
<ul class="zubolog zubolog_2 zubolog_md-3">
<?php

echo $zubologApp->createZubolog(
['logs/'], // 一覧表示したい画像が入っているフォルダの、現在ファイルからの相対パス $zubolog_dir
'6', // 1ページあたりに表示したいログ数を半角英数字で $zubolog_perpage
true, // trueはファイル名の降順、falseはファイル名の昇順 $zubolog_sort
dirname(__FILE__), // この行は編集しないでください
'default.php', // 使用テンプレートファイル名 $zubolog_temp
'logs1' // テンプレートで利用する変数 $zubolog_var
);

?>

</ul>
<!-- ずぼログ 一覧出力 ここまで -->

<!-- ずぼログ ページネーション ここから -->

<?php

// ずぼログ ページネーションを出力する関数です。
// ページネーションが不要の場合は削除してください。
echo $zubologApp->createZubologPagenation($zubolog_dir, $zubolog_perpage, $zubolog_sort, dirname(__FILE__));

?>

<!-- ずぼログ ページネーション ここまで -->

このような省略した記述は、初期設定の書き方に慣れてからのご利用をおススメします。

以下のように記述することで実現ができます。

<?php if($zubologApp->zubolog_page === '1') : ?>
  ここに表示したいメッセージをHTML形式で自由に記述
<?php endif; ?>

'1'の部分を任意のページ数に書き換えることで、例えば2ページ目だけのメッセージ、3ページ目だけのメッセージ……のように応用することもできます。

どうしても問題が解決しない場合や、不具合を見つけた場合は、配布プログラム用の問い合わせフォームよりお問い合わせください。