初心者から実践まで、サイト制作の知識をつけるのにおススメのサイト・書籍

Web制作を学びたい人のおススメのサイト・書籍
  • そもそもhtmlとかよくわからないので、基礎的な知識を身に着けたい(基礎編)
  • テンプレートをバリバリにカスタムしたり、自分で自由にサイトを作れるようになりたい(実践編)
  • Webデザイン/WordPressなど、別の知識を身に着けたい(番外編)

こんな方向けに、レベル別でおススメの学習サイト・書籍などを紹介します。

自分に合った方法で、無理なく知識をつけていきましょう!

スポンサーリンク

基礎編:HTML/CSSの基礎的な知識を身に着ける

  • Webサイトの成り立ちを知りたい方
  • htmlを初めて触る方
  • 古い知識をアップデートしたい方
  • CSSを書けるようになりたい方

向けの情報です。

サルワカ HTML&CSS入門(Webサイト)

「そもそも、インターネット上でサイトが見れる仕組みとは?」から、実際にHTMLやCSSを書くところまで、やさしい文章とわかりやすい画像で丁寧に解説してくれるサイトです。このサイトを見ながら実際に手を動かすだけでも、なんとなくサイトの仕組みがわかるはず。

用法や働きの似たタグなど、初心者が躓きやすいポイントの解説記事もあるので、困ったときの辞書として使うのにも最適です。

ドットインストール(Webサイト)

3分前後の動画でプログラミングを学ぶことができる学習サイトです。有料会員のみのコンテンツもありますが、無料のコンテンツだけでも基礎的な知識は十分に身に着けることができます。私もドットインストールに育てられました!

はじめてのHTML(全14回)」および「はじめてのCSS(全15回)」を見ながら、動画の真似をして手を動かせば、HTML/CSSの役割や使い方が概ねわかるようになります。

 

いちばんよくわかるHTML5&CSS3デザインきちんと入門(書籍)

いちばんよくわかるHTML5 & CSS3デザインきちんと入門

基礎学習を終えた方や、古の個人サイトを作っていた方など、HTMLとCSSがどんな働きをするかがなんとなくわかる方にはこちらがおススメ。最新かつ実践的なWeb制作の考え方を学ぶことができます。

レスポンシブ対応やフレックスボックスの使い方など、よりサイト作りに役立つ知識を身に着けることができるため、基礎編~実践編への橋渡し的な位置にある本かも。

実践編:サイト制作の実践的な知識を身に着ける

  • フレックスボックスを理解し、バリバリにサイトをカスタムしたい方
  • テンプレートを使わず、自分でゼロからサイトを組み立てたい方
  • Web制作を仕事にしてみたい方

向けの情報です。

フレキシブルボックスで作る HTML5&CSS3レッスンブック(書籍)

「HTML/CSSは理解したので、ゼロからサイトを作ってみたい」という方にはこちら。実際にサイトを作るときの、HTML/CSSコーディングの流れがかなり詳細につかめます。上記で紹介した「いちばんよくわかる…」の書籍と内容のかぶっている部分は多いですが、より発展した内容になっています。

もちろんレスポンシブ対応の手順もばっちりです。ぜひ本を見ながらコードを模写してみてください。

できるポケット HTML5&CSS3/2.1全事典(書籍)

参考書というか、タイトル通りhtmlの辞典のような本。頻出コードから見たことのないようなコードまで、詳しい用例とともに解説されています。htmlが好きな私は、これをパラパラめくって見てるだけでもう楽しい!ガチでWeb制作したい方は必携の一冊です。

番外編:関連知識を身に着ける

いちばんやさしいWordPressの教本 第4版

WordPressをはじめて触る方向けの本。無料テーマ「Lightning」を使って初期設定から始める想定で、最初からやさしく解説されています。

WordPressレッスンブック 5.x対応版

WordPressでゼロからテーマを作りたい方はこちら。基本的なWordPressの構成から、テーマの自作やカスタマイズの方法まで、幅広い内容が網羅されています。

HTML/CSSを概ね理解できた方向けの内容で、発展編という感じ。「とりあえずWordPressを使えるようになりたい」という方はこちらではなく、上の「いちばんやさしい…」から入門するのをおススメします。

内容は随時更新します

良質なサイトや書籍を見つけたら、内容はどんどん更新していきます。

タイトルとURLをコピーしました